バイオシミュレーションコース

講義名・講師等

 

講義の目的と概要

生物・生体機能の数理モデル化およびその数値解析の方法を学習することができます。

 

学習目標

分子から細胞、臓器、個体に至る様々な時間・空間スケールにおける生体機能の発現メカニズムや治療薬の効果などを定量的に理解するために、微分方程式や偏微分方程式による数理モデル化、コンピュータシミュレーションに基づく解析、およびバイオインフォマティクス解析などの方法論を身につけることを目標とします。