生命科学・生体医工学を中心とする学際融合研究の世界では、生体の生理的・病理的情報をin silico(計算機内)で定量的に統合する研究が進みつつあります。この統合生命科学研究は、フィジオームおよびシステムバイオロジーと呼ばれています。これは、経験と予想に基づく従来の医学の変革であり、国民の健康と福祉の増進、さらには、知識集約型新産業の創出につながります。国内外の教育・研究機関との協働を通じて、医・歯・薬学、工学、情報学の融合領域研究を推進し、予測医学基盤としての「in silico medicine」実現のための国際的研究・人材育成拠点を形成することが、本グローバルCOEプログラムの目的です。